鼻水や鼻づまりによく効くおすすめ風邪薬ランキングTOP15[市販薬]

鼻水や鼻づまりによく効くおすすめ風邪薬ランキングTOP15[市販薬]

風邪をひいて鼻水や鼻づまりで悩むことってありますよね。体調が優れず、集中力がなくなるため、早めに治したいものです。この記事では、鼻水や鼻づまりによく聞くおすすめの市販薬風邪薬のランキング形式で紹介します。ぜひ購入の参考にしてください。


※この記事は、薬剤師資格を持つライターが書いています。

風邪を引いた際、私たちの体には様々な症状が出てきます。鼻水が止まらなくなる、鼻がつまるといった症状もその中に含まれるでしょう。

鼻水や鼻づまりによって呼吸がしづらい・料理の味が分からないなど体調の変化が起こるだけでなく、鼻の症状が気になり集中力を欠き仕事や日常生活に支障が出たなどという経験をされた方は多いのではないかと思います。そんな鼻水や鼻づまりを改善するにはどうすればよいのでしょうか?

様々な方法があると思いますが、方法のひとつに「風邪薬の使用」という手があります。

しかし、風邪薬を購入する際にこんな経験をされたことはありませんか?「たくさんある薬の中から、鼻水や鼻づまりに効く薬を探すだけでも時間がかかった。」「いくつも種類かあって、どれが一番よく効くのかわからなくて困った。」などなど・・・

今回は「鼻水や鼻づまりによく効くおすすめ風邪薬」を紹介させて頂きます。皆様の風邪薬選びの参考となればと思います。

鼻水や鼻づまりによく効く風邪薬の選び方3つ

鼻水や鼻づまりによく効く風邪薬を買う際に、どのような点について注目するとよいのでしょうか?よく効くおすすめの風邪薬ランキングTOP15を発表する前に、以下の3つの選び方についてご紹介させて頂きます。

その1:鼻水や鼻づまりだけ?それともほかの症状あり?【効能効果で選ぶ】
その2:その風邪薬の主役は何?【有効成分で選ぶ】
その3:お薬は正しい使用と服用タイミングが大事!【用法で選ぶ】

①効能効果で選ぶ

鼻水や鼻づまりだけ?それともほかの症状あり?【効能効果で選ぶ】。
風邪の場合、症状は人それぞれであると思いますが、鼻水や鼻づまりだけではなく、それに加え、熱やのどの痛みなど複数の症状もある場合があると思います。

風邪薬には鼻の症状だけに効くものもあれば、総合風邪薬のように鼻水や鼻づまり以外にも熱やのどの痛み、頭痛など複数効果を示す薬があります。

ではどこに記載があるかというと、市販されている薬だとパッケージに「効能効果」という欄があります。この「効能効果」とは、その薬が改善する症状を指します。効能効果の欄に自身の改善したい症状が入っているか確認しましょう。また、インターネットを利用し商品の名前を検索すれば、製薬会社のホームページから商品の情報を確認することができますので、ご自宅や外出先でも調べることは可能ではないでしょうか。

このように、薬の示す効果はそれぞれの商品で違いますので、自分の体調に合わせて使い分けましょう。

②有効成分で選ぶ

その風邪薬の主役は何?【有効成分で選ぶ】。
「有効成分○○があなたのお悩みの症状を改善!」なんてキャッチフレーズをCMや広告で目にしたことはありませんか?有効成分とは効果を示してくれる化学成分のことです。つまり、その風邪薬の主役というわけです。

その1にて「効果がそれぞれ違う」と述べましたが、ズバリ、成分によって効果が決まります。有効成分はそれぞれの働きを持っており体の中で様々な反応を起こして効果を発揮してくれます。つまり、鼻水や鼻づまりに効果を示す成分を知っておくことで、さらに一歩進んだ「よく効く風邪薬」の選択ができるでしょう。

ちなみにですが、同じ効果を示す薬であっても有効成分が異なる場合がありますし、薬によっては有効成分が何種類か入っているものもあります。

鼻水や鼻づまりに効果的な成分の代表としては以下の表のとおりです。

①血管収縮成分 メチルエフェドリン塩酸塩 鼻粘膜の充血・はれを防ぎ、鼻づまりを改善してくれる
②抗ヒスタミン成分 クロルフェニラミンマレイン酸塩、クレマスチンフマル酸塩、ヘスペリジン アレルギーの元となるヒスタミンの働きを抑えくしゃみ・鼻水・鼻づまりを抑える
③抗コリン成分 ベラドンナ総アルカロイド、ヨウ化イソプロパミド 鼻水などの分泌に関わるアセチルコリンの働きを抑える

鼻づまりになる原因のひとつとして、鼻の粘膜が膨らむことが挙げられます。風邪の際には鼻水によって鼻が詰まっているように感じますが、根本的な理由はここにあるのです。

この粘膜には毛細血管というとても細い血管がたくさん通っています。毛細血管が拡張したり収縮したりすることで、鼻の粘膜が腫れたりひいたりします。鼻の粘膜の腫れは毛細血管が拡張することによって引き起こされるので、逆に収縮させることで腫れがひき鼻づまりを解消することができます。この効果を発揮してくれるのが「①血管収縮成分」になります。

また、鼻水や鼻づまりは体の中で作られる「ヒスタミン」「アセチルコリン」という化学物質が関係しています。それらの働きを抑える、つまり対抗できる成分のことをまとめて「②抗ヒスタミン成分」「③抗コリン成分」と言います。

ただ、これらの複数の成分は良いことだけではないのですよね。どうしても副作用が出てしまいます。詳しいことは、下記の項目「鼻水や鼻づまりに効く風邪薬の副作用」でご説明させて頂きます。

③用法で選ぶ

お薬は正しい使用と服用タイミングが大事!【用法で選ぶ】。
お薬は正しい使用によって効果が得られます。では、「正しい使用」とは何なのでしょうか。一番守って頂きたいことは、用法用量です。お薬のパッケージや中に入っているお薬の情報書に記載されている年齢に対する薬の数量や服用方法通りに使用することが「正しい使用」と言えます。

そんな服用方法において、「用法」、簡単に言いますと服用するタイミングも大事となってきます。例えば、1日に3回毎食後に服用するお薬があるとします。もし、お昼のタイミングに仕事や学業などの都合でお薬を服用できないとなると、朝食後と夕食後に服用しても十分な効果を発揮してはくれません。

つまり、自身のライフスタイルに合わせた服用タイミングのお薬を選ぶことも、効果を十分に発揮させる方法のひとつなのです。先ほどの例の場合だと、1日2回服用するお薬を選択するとよいでしょう。

その他にも、使用可能な年齢はお薬によって違います。特にお子さまにお薬を使用する際には要注意です。「お薬を買って、いざ使用しようと思ったら適用年齢外だった。」なんてことにもなりかねません。注意しましょう。

鼻水や鼻づまりに効く!おすすめの風邪薬ランキングTOP15

では、ここからは鼻水や鼻づまりによく効くおすすめの風邪薬をご紹介させて頂きます。それぞれのお薬の効能効果・剤形・用法用量や特徴、おすすめの内容を記載していますので、参考にしてもらえればと思います。

比較しやすいように、それぞれのお薬の有効成分を成人1日あたりの服用量に換算した量で示していますので、比較する時にお使いください。

そして、成分の項目にて名称に下線を引いているものは、先ほどのテーマ「鼻水や鼻づまりによく効く風邪薬の選び方3つ」の中の「その2:その風邪薬の主役は何?【有効成分で選ぶ】」で紹介した「鼻水や鼻づまりに効果的な成分」となっています。

1位:エスタックイブNT

商品名:エスタックイブNT
製造販売元:エスエス製薬
剤形:錠剤(白色の糖衣錠)

<成分(成人1日分中)>
クロルフェニラミンマレイン酸塩:7.5 mg、ヨウ化イソプロパミド:6 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、イブプロフェン:450 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:24 mg、アスコルビン酸(ビタミンC):300 mg、チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸物):24 mg、無水カフェイン:75 mg

<効能効果>
かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、のどの痛み、くしゃみ、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
食後なるべく30分以内に水又はぬるま湯で服用してください。
15才以上:1回3錠、1日3回
15才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、かぜの鼻症状のメカニズムを考えてつくられた風邪薬となっています。抗ヒスタミン成分の「クロルフェニラミンマレイン酸塩」により、鼻水・鼻づまり・くしゃみ等のアレルギー症状を抑え、抗コリン成分の「ヨウ化イソプロパミド」が、鼻汁分泌を直接抑えてくれます。このようにつらい鼻症状にダブルの効果を発揮します。

さらにイブプロフェンを同時配合し、のどの痛みにも優れた効果を発揮してくれます。その他にも風邪の際に消耗しやすいビタミンを補うために、「チアミン」「アスコルビン酸」も配合してくれています。

また、持ち運びに便利なPTP包装です。PTP包装とは、錠剤やカプセルをプラスチックとアルミで挟んだシートであり、ひとつひとつ取り出せる仕組みになっている包装のことです。このお薬には18錠と36錠のものあります。

このように、鼻の症状に注目しながらも、風邪でよく出てくる『のどの痛み』にも対応しますし、さらに風邪で消耗したビタミンの配合もされているという点を含めて第1位と致しました。

【指定第2類医薬品】エスタックイブNT 36錠

2位:ベンザブロックSプラス

商品名:ベンザブロックSプラス
製造販売元:武田コンシューマーヘルスケア
剤形:カプレット(小型の細長い形状の錠剤)

<成分(成人1日分中)>
ヨウ化イソプロパミド:6 mg、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩:3.5 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、ヘスペリジン:90 mg、アセトアミノフェン:900 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:24 mg、トラネキサム酸:420 mg、リボフラビン:12 mg、無水カフェイン:75 mg

<効能効果>
かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、のどの痛み、くしゃみ、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
次の量を、食後なるべく30分以内に、水またはお湯で、かまずに服用すること。
15才以上:1回2錠、1日3回
12才~14才:1回1錠、1日3回
12才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、ベンザブロックシリーズの風邪が「鼻からくる人」に向けての商品となります。ヨウ化イソプロパミド(抗コリン成分)とd-クロルフェニラミンマレイン酸塩(抗ヒスタミン成分)、ヘスペリジン(ビタミンPの一種、抗ヒスタミン作用)が鼻水・鼻づまり・くしゃみを改善してくれます。その他にも9種の成分がバランスよくはたらいて、かぜのいろいろな症状を緩和してくれます。

効果の高いお薬は15才以上からしか使えないものが多いのですが、こちらは12才~14才の方の使用も可能です。また、携帯に便利な、PTP包装タイプとなっていますので、勤務先やおでかけの際にも持ち運びやすくなっています。包装は18錠と30錠があります。これらの点から、第2位と致しました。

【指定第2類医薬品】ベンザブロックSプラス 30錠

3位:プレコール持続性カプセル

商品名:プレコール持続性カプセル
製造販売元:第一三共ヘルスケア
剤形:カプセル

<成分(成人1日分中)>
イソプロピルアンチピリン:300 mg、クロルフェニラミンマレイン酸塩:7.5 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、アセトアミノフェン:450 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:12 mg、無水カフェイン:75 mg、カンゾウエキス末:118 mg(原生薬として983 mg)

<効能効果>
かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、鼻水、鼻づまり、せき、たん、悪寒、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み、くしゃみ)の緩和

<用法用量>
水又はお湯で服用して下さい。
15才以上:1回2カプセル、1日2回(朝・夕食後なるべく30分以内)
15才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、名前にも入っているように、1日2回の服用で、優れた効き目が続く「持続性かぜ薬」となっています。カプセルの中に工夫がされていまして、すぐに溶けて効く粒と後からゆっくり溶けて効く粒の2種類の粒がカプセルに入っています。そのため、効き始めるのも早いですし、その効果は長時間持続します。

HPなどで、『ズバッと効いて、ズーッと効く!』というキャッチコピーで紹介されていますが、そういうイメージで効果が出るように設計されたお薬です。例えば、朝食と夕食を自宅で食べる方であれば、外出先に持っていく必要がないことになります。ですので、外出先まで薬を持っていくのが面倒だという方や薬を飲み忘れることが多い方に適しているお薬だと思います。

効果としては7種の成分が鼻水・鼻づまりも含めたつらい風邪の11症状を抑えてくれます。包装は12カプセル、18カプセル、24カプセルがあります。

効果が持続的に続き、1日2回の使用で済むというメリットを評価し、第3位と致しました。

【指定第2類医薬品】プレコール持続性カプセル 36カプセル

4位:ルルアタックNX

商品名:ルルアタックNX
製造販売元:第一三共ヘルスケア
剤形:錠剤(白色のフィルムコーティング錠)

<成分(成人1日分中)>
クレマスチンフマル酸塩:1.34 mg、ベラドンナ総アルカロイド:0.3 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、イブプロフェン:450 mg、ブロムへキシン塩酸塩:12 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:24 mg、無水カフェイン:75 mg、ベンフォチアミン(ビタミンB1誘導体):25 mg、リボフラビン(ビタミンB2):12 mg

<効能効果>
かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、のどの痛み、せき、たん、発熱、悪寒、くしゃみ、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
次の量を水又はお湯で服用して下さい。
15才以上:1回2錠、1日3回。食後なるべく30分以内に服用して下さい。
15才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、風邪薬「ルルアタック」シリーズの中で、鼻水や鼻づまりの症状改善をメインとしたものとなっています。その他にも、のどの痛み、発熱、せきや頭痛を改善してくれる成分も入っています。

また、鼻水や鼻づまりを持続的に抑えてくれる「クレマスチンフマル酸塩(抗ヒスタミン成分)」が配合されています。包装は、12錠、18錠、24錠があります。

【指定第2類医薬品】ルルアタックNX 24錠

5位:新コンタックかぜ総合

商品名:新コンタックかぜ総合
製造販売元:グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン
剤形:カプセル剤

<成分(成人1日分中)>
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩:3.5 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩40 mg、アセトアミノフェン:900 mg、無水カフェイン:75 mg、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物:48 mg、ブロムヘキシン塩酸塩:8 mg

<効能効果>
かぜの諸症状(発熱、のどの痛み、せき、鼻みず、鼻づまり、たん、くしゃみ、悪寒、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
水又はお湯と一緒に服用してください。
15才以上:1回2カプセル、1日2回(朝・夕)
7才以上15才未満:1回1カプセル、1日2回(朝・夕)
7才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、カプセルの中に入っている粒が2種類あり、1種は素早く溶け、もう1種はゆっくり溶けることで、「速やかに」と「長く」を両立させています。つまり、服用後に速やかに効果を示し、朝と夕の1日2回の服用で安定した効果が持続するとされています。

また、使用年齢が7才以上となっていますので、お子様が鼻水や鼻づまりで苦しんでいる時にも使えます。ご家族で同じものを使えるというメリットがあります。

ブロムヘキシン塩酸塩、dl-メチルエフェドリン塩酸塩、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物の3つの成分がのどや気管などで働くため、鼻水や鼻づまりだけでなく、せきやたんの症状にお悩みの方におすすめです。

【指定第2類医薬品】新コンタック かぜ総合 24カプセル

6位:新コンタックかぜEX

商品名:新コンタックかぜEX
製造販売元:グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン
剤形:カプセル剤

<成分(成人1日分中)>
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩:3.5 mg、ヨウ化イソプロパミド:5 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、イブプロフェン:400 mg、無水カフェイン:75 mg、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物:48 mg

<効能効果>
かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、鼻みず、鼻づまり、くしゃみ、せき、たん、悪寒、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
朝夕食後なるべく30分以内に水又はお湯と一緒に服用して下さい。
15才以上:1回2カプセル、1日2回(朝・夕)
15才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、先ほど紹介した、新コンタックかぜ総合とは多少入っている成分が異なります。こちらの新コンタックかぜEXには、解熱剤・消炎鎮痛剤のイブプロフェンが配合されており、鼻水や鼻づまり以外ののどの痛み、発熱にピンポイントに効き、頭痛、関節の痛みにも、すぐれた効果を発揮してくれます。

もちろん、抗ヒスタミン成分に加え、抗コリン成分のヨウ化イソプロパミドも配合されており、鼻水や鼻づまりの症状もしっかりやわらげてくれることでしょう。鼻水や鼻づまりだけでなく、発熱や頭痛など痛みの症状にお悩みの方におすすめです。

【指定第2類医薬品】新コンタック かぜEX 20カプセル

7位:ジキナ顆粒ゴールド

商品名:ジキナ顆粒ゴールド
製造販売元:富士薬品
剤形:顆粒

<成分(成人1日分中)>
クロルフェニラミンマレイン酸塩:7.5 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、ヘスペリジン:45 mg、アセトアミノフェン:900 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:24 mg、グアヤコールスルホン酸カリウム:250 mg、ベンフォチアミン(ビタミンB1):25 mg、リボフラビン(ビタミンB2):12 mg、無水カフェイン:75 mg、カンゾウ末:800 mg、セネガ乾燥エキス:24 mg(原生薬換算量:400.8 mg)

<効能効果>
かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、くしゃみ、のどの痛み、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
食後なるべく30分以内に水またはお湯で服用してください。
15才以上:1回1包、1日3回
11才以上15才未満:1回2/3包、1日3回
7才以上11才未満:1回1/2包、1日3回
3才以上7才未満:1回1/3包、1日3回
3才未満:服用しないこと

<ポイント>
このお薬は、抗ヒスタミン成分や血管収縮成分による鼻水・鼻づまりを改善するだけでなく、のどに絡む痰を取り去ってくれる生薬成分「セネガ」やのどの炎症を抑え胃にもやさしい生薬「カンゾウ」を含んでいます。「生薬」とは動植物や鉱物の全てまたは一部をそのままあるいは加工したもののことを言います。

また、風邪の際に消耗しやすいビタミンも含んだお薬となります。その他にも、気道粘膜の働きを高める成分「グアヤコールスルホン酸カリウム」、せきを止める「ジヒドロコデインリン酸塩」を配合しています。生薬が入った風邪薬がお好きだという方におすすめです。

さらに、使用年齢が3才以上となっており、幼児にも使えますので、小さいお子様がいる家庭の常備薬としておいておくのもよいでしょう。

【第2類医薬品】ジキナ顆粒ゴールド 12包

8位:ジキニン顆粒A

商品名:ジキニン顆粒A
製造販売元:全薬工業
剤形:顆粒(1包1.5 g)

<成分(成人1日分中)>
クロルフェニラミンマレイン酸塩:7.5 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、アセトアミノフェン:900 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:24 mg、無水カフェイン:75 mg、ニンジンエキス:42.9 mg、カミツレエキス:333.3 mg、カンゾウ(甘草)エキス:450 mg(原生薬換算量2250 mg)

<効能効果>
かぜの諸症状(頭痛、発熱、のどの痛み、くしゃみ、関節の痛み、筋肉の痛み、悪寒、鼻水、鼻づまり、せき、たん)の緩和。

<用法用量>
食後なるべく30分以内に服用してください。
15才以上:1回1包、1日3回
11才以上15才未満:1回2/3包、1日3回
7才以上11才未満:1回1/2包、1日3回
3才以上7才未満:1回1/3包、1日3回
1才以上3才未満:1回1/4包、1日3回
1才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、鼻水・鼻づまりに効果のあるクロルフェニラミンマレイン酸塩の他、甘草(カンゾウ)エキス・アセトアミノフェンを基本として、さらにカミツレエキス・人参(ニンジン)エキスなどを配合した、すぐれた効き目の総合感冒薬となっています。かぜで弱った体力を高める薬用人参エキス、解熱消炎作用のあるカミツレエキスが配合されています。包装は10包、16包、22包があります。

鼻水・鼻づまりに効果がある成分と生薬のエキスがバランスよく配合されていますので、生薬が入った風邪薬がお好きだという方におすすめです。また、使用年齢が1才以上となっており、幼児から使えますので、年齢を気にせず使えるのもメリットだと思います。

【指定第2類医薬品】ジキニン顆粒A 22包

9位:新ルルAゴールドDX細粒

商品名:新ルルAゴールドDX細粒
製造販売元:第一三共ヘルスケア
剤形:粉薬(細粒)(1包1.2 g)

<成分(成人1日分中)>
クレマスチンフマル酸塩:1.34 mg(クレマスチンとして1 mg)、ベラドンナ総アルカロイド:0.3 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、ブロムヘキシン塩酸塩:12 mg、アセトアミノフェン:900 mg、トラネキサム酸:420 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:24 mg、無水カフェイン:60 mg、ベンフォチアミン(ビタミンB1誘導体):24 mg

<効能効果>
かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、せき、たん、のどの痛み、発熱、悪寒、頭痛、くしゃみ、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
次の量を水又はお湯で服用して下さい。食後なるべく30分以内に服用して下さい。
15才以上:1回1包、1日3回
11才以上15才未満:1回2/3包、1日3回
7才以上11才未満:1回1/3包、1日3回
7才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、有効成分が9種類入っており、かぜの3大症状ともいえる、鼻水・鼻づまり、せき・たん、のどの痛みに加えそれらの複合症状に対して高い効果を発揮してくれます。

そして、粉薬タイプということで錠剤よりも溶ける時間が短いため、飲んでから効果が出るまでの時間が短いことが期待できます。また、7才以上の使用が可能ですので、ご家族で使用することができます。包装は10包、20包があります。

【指定第2類医薬品】新ルルAゴールドDX細粒 20包

10位:ベンザブロックSプラス錠

商品名:ベンザブロックSプラス錠
製造販売元:武田コンシューマーヘルスケア
剤形:錠剤(小型の円形)

<成分(成人1日分中)>
ヨウ化イソプロパミド:6 mg、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩:3.5 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、ヘスペリジン:90 mg、リボフラビン:12 mg、無水カフェイン:75 mg、トラネキサム酸:420 mg、アセトアミノフェン:900 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:24 mg

<効能効果>
かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、のどの痛み、くしゃみ、せき、たん、悪寒、発熱、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
次の量を、食後なるべく30分以内に、水またはお湯で、かまずに服用すること。
15才以上:1回3錠、1日3回
12才~14才:1回2錠、1日3回
12才未満:服用しないでください。

<ポイント>
こちらのお薬は、第2位で紹介した、ベンザブロックSプラスの包装がビン包装になったものです。1瓶中36錠と60錠のタイプがあります。こちらは成分も同じですので、用法用量通りに使用して頂ければ、同等の効果が期待できます。ビン包装ですので、ご自宅での常備に向いたお薬となっています。

そして値段としては、基本的にビン包装の方がPTP包装よりも安価で購入できます。価格で選ぶのならビン包装と覚えてもらって構いません。

ですので、購入価格も頭に入れながら、日常において、場所・状況で使用するかによって、先ほどのPTP包装とこちらのビン包装のどちらにするか選んでもらうと良いでしょう。

【指定第2類医薬品】ベンザブロックSプラス錠 60錠

11位:新ルルAゴールドDX

商品名:新ルルAゴールドDX
製造販売元:第一三共ヘルスケア
剤形:錠剤(白色の糖衣錠)

<成分(成人1日分中)>
クレマスチンフマル酸塩:1.34 mg(クレマスチンとして1 mg)、ベラドンナ総アルカロイド:0.3 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、トラネキサム酸:420 mg、アセトアミノフェン:900 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:24 mg、ブロムヘキシン塩酸塩:12 mg、無水カフェイン:60 mg、ベンフォチアミン(ビタミンB1誘導体):24 mg

<効能効果>
かぜの諸症状(鼻水、鼻づまり、せき、たん、のどの痛み、発熱、悪寒、頭痛、くしゃみ、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
次の量を水又はお湯で服用して下さい。食後なるべく30分以内に服用して下さい。
15才以上:1回3錠、1日3回
11才以上15才未満:1回2錠、1日3回
7才以上11才未満:1回1錠、1日3回
7才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、9位で紹介した新ルルAゴールドDX細粒と有効成分も同じであり、形が粉薬から錠剤に変わったものです。用法用量通りに使用して頂ければ、同等の効果が期待できます。粉薬と錠剤で飲みやすさや好みが変わりますので、使いやすい方を選べるメリットがあります。

こちらも7才以上の方から使用できます。このお薬はPTP包装だけでなくビン包装もあります。PTP包装は45錠、ビン包装は30錠、60錠、90錠があります。

「錠剤・粉薬」、「PTP包装・ビン包装」と複数のお薬のタイプがありますので、使用する方の状況や好みによって選んでもらうと良いでしょう。

【指定第2類医薬品】新ルルAゴールドDX 90錠

12位:エスタックイブファインEX

商品名:エスタックイブファインEX
製造販売元:エスエス製薬
剤形:錠剤(白色のフィルムコーティング錠)

<成分(成人1日分中)>
クロルフェニラミンマレイン酸塩:7.5 mg、ヨウ化イソプロパミド:6 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、イブプロフェン:450 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:24 mg、アンブロキソール塩酸塩:45 mg、無水カフェイン:75 mg、酸化マグネシウム:300 mg

<効能効果>
かぜの諸症状(のどの痛み、発熱、せき、鼻水、鼻づまり、たん、関節の痛み、筋肉の痛み、くしゃみ、悪寒、頭痛)の緩和

<用法用量>
食後なるべく30分以内に水又はぬるま湯で服用してください。
15才以上:1回2錠、1日3回
15才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、ヨウ化イソプロパミド(抗コリン成分)、クロルフェニラミンマレイン酸塩(抗ヒスタミン成分)が入っていますので鼻水・鼻づまりに効きます。また、独自の製法により、のどの痛み・熱によく効く有効成分イブプロフェンを素早く溶出し、吸収を速めたお薬となっています。

鼻の症状だけでなく、痛みや熱を早く下げたい方におすすめです。その他の成分も併せ、風邪の11症状に効果の高い成分を同時配合したお薬となっています。包装は12錠と24錠があります。

【指定第2類医薬品】エスタックイブファインEX 24錠

13位:パブロンエースAX錠

商品名:パブロンエースAX錠
製造販売元:大正製薬
剤形:錠剤

<成分(成人1日分中)>
クロルフェニラミンマレイン酸塩:7.5 mg、dl-メチルエフェドリン塩酸塩:60 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:24 mg、イブプロフェン:450 mg、アンブロキソール塩酸塩:45 mg、無水カフェイン:75 mg、チアミン硝化物(ビタミンB1硝酸塩):24 mg、リボフラビン(ビタミンB2):12 mg、アスコルビン酸(ビタミンC):500 mg

<効能効果>
かぜの諸症状(のどの痛み、せき、発熱、鼻みず、鼻づまり、くしゃみ、たん、頭痛、悪寒、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
次の量を食後なるべく30分以内に服用してください。
15才以上:1回3錠、1日3回
15才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、鼻水・鼻づまりだけでなく、のどの痛みに注目して作られたものになります。アンブロキソール塩酸塩をはじめ9種類の有効成分を配合し、のどの痛み、せき、たん、熱などかぜの諸症状に効果をあらわす大人(15才以上)専用の総合かぜ薬です。携帯に便利なPTP包装となっています。包装は18錠と36錠があります。

【指定第2類医薬品】パブロンエースAX錠 36錠

14位:パブロンSゴールドW錠

商品名:パブロンSゴールドW錠
製造販売元:大正製薬
剤形:錠剤

<成分(成人1日分中)>
クロルフェニラミンマレイン酸塩:7.5 mg、L-カルボシステイン:750 mg、ジヒドロコデインリン酸塩:24 mg、アセトアミノフェン:900 mg、アンブロキソール塩酸塩:45 mg、リボフラビン(ビタミンB2):12 mg

<効能効果>
風邪の諸症状(のどの痛み、せき、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、たん、頭痛、発熱、悪寒、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
15才以上:1回2錠、1日3回
8才~14才:1回1錠、1日3回
8才未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、個人の携帯用だけでなく、8才以上からの使用が可能ということから「ご家族で使えるお薬」としても販売されています。鼻水・鼻づまり・くしゃみにはもちろん効きますし、「アンブロキソール塩酸塩」と「L-カルボシステイン」によって特に気道の粘膜バリアの機能を高めてくれます。

それにより風邪の原因物質であるウイルスや細菌などを気道から出しやすくし、風邪の症状を和らげてくれます。ビン包装は30錠、42錠、60錠入りがあります。

【指定第2類医薬品】パブロンSゴールドW錠 60錠

15位:パブロンキッズかぜシロップ

商品名:パブロンキッズかぜシロップ
製造販売元:大正製薬
剤形:液状(1本120 mL)

<成分(30 mL中:6才の1日分)>
クロルフェニラミンマレイン酸塩:1.25 mg、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物:8 mg、アセトアミノフェン:150 mg、グアイフェネシン:41.6 mg

<効能効果>
かぜの諸症状(せき、鼻みず、発熱、のどの痛み、くしゃみ、たん、鼻づまり、悪寒(発熱によるさむけ)、頭痛、関節の痛み、筋肉の痛み)の緩和

<用法用量>
添付の目盛付コップで次の量をはかり、毎食後、及び必要な場合には就寝前に服用してください。また場合によっては、約4時間の間隔をおいて1日6回まで服用することができます。

3才~6才:1回10 mL、1日3回
1才~2才:7.5 mL、1日3回
6ヶ月~1才未満:6 mL、1日3回
3ヶ月~6ヵ月:5 mL、1日3回
3ヶ月未満:服用しないでください。

<ポイント>
このお薬は、子供の風邪薬となっています。3ヶ月から6才までのお子さまに使用して頂けます。お薬を苦手とするお子さまは多いと思いますが、このお薬はいちご風味にすることで、飲み残したり飲むのを嫌がったりしないよう「飲みやすさ」をめざし設計されています。

また風邪薬ではありますが、お子さまの眠りをさまたげるdl-メチルエフェドリン塩酸塩(血管収縮成分)、カフェイン等を配合していませんので安心して使用できます。

鼻水や鼻づまりに効く風邪薬の効果と時間

以上のようによく効く風邪薬を紹介させて頂きました。せっかくお薬を使用するなら、ひどくつらい鼻水や鼻づまりを長く抑えたいと思いますよね。この項では、風邪薬の効果がどのくらい続くのか、効果と時間について紹介させて頂きます。

「風邪薬の効果がずっと続けば良いのに。」と思った方は多いでしょう。なぜ、「効果が切れる」のでしょうか?それは、お薬の中の有効成分が体の中に吸収され体内をかけ巡り続けると、体の中で様々な化学反応を受けたり体の外に尿などと一緒に排泄されたりします。そうすることにより、効果がだんだんなくなるというわけです。この一連の流れの速さや化学反応の受け具合が個人個人で違うため、効果の現れ方や効果の続く時間はまちまちなのです。

そのため、風邪薬の広告やパッケージには「〇時間も効果が続く!」という明確な時間の表現はありません。

ただ一応、効果の続く時間の目安となる項目があります。それは、「用法用量」の欄です。この用法用量の用法(1日〇回)に注目するとよいでしょう。1日は24時間ですので、用法が1日2回なら1回の服用で12時間、1日3回なら1回の服用で8時間は効果が続くと考えることができます。このように、用法から大体の効果時間を予測することが可能です。

また、この効果と時間は正しい服用方法で得られるものであり、「服用間隔を守らなかった」「水やお湯で服用する薬をそのまま丸飲みした」などの使用をすると効果が増強して副作用が起こることや効果が弱まったり効果時間が短くなったりして症状が改善しないことにも繋がりますので、用法用量を守って使用しましょう。

鼻水や鼻づまりに効く風邪薬の副作用

上に記載した「鼻水や鼻づまりによく効く風邪薬の選び方3つ」にて「副作用」のことを少し紹介させて頂きました。目的とする効能効果が一番重要ですが、この副作用にも注意が必要です。

ではどのような副作用があるか、以下の代表的な副作用を紹介させて頂きます。

1. 眠気・・・抗ヒスタミン成分の主な副作用について
2. 便秘、口の渇き、目のかすみ・・・抗コリン成分の主な副作用について
3. 過敏症
4. その他の副作用

①眠気・・・抗ヒスタミン成分の主な副作用について

鼻水や鼻づまりに効く成分として「抗ヒスタミン成分」を紹介しましたが、眠気はこの抗ヒスタミン成分によって引き起こされることがほとんどです。

抗ヒスタミン成分とは、体の中で作られるヒスタミンという成分の働きを止める成分のことを言います。ヒスタミンは主に血管に働きかけるため、この血管への働きを止めてくれます。しかし、血管は全身にあるため、ヒスタミンは鼻の血管だけでなく脳の血管にも働きかけているわけです。抗ヒスタミン成分が鼻の血管に働くと鼻水や鼻づまりを改善してくれますが、脳の血管に働くと眠気を引き起こしてしまいます。

風邪薬を飲んで急に眠気に襲われたという経験がある方も多いのではないでしょうか? また、眠気として気付かなくても判断力や判断速度が低下することもあるとされています。

この眠気や判断力の低下は仕事の妨げや車や乗り物の運転にも影響するため、日常生活においてかなり支障をきたすでしょう。そのため、仕事柄、乗り物や機械の操作をしないといけない方や試験勉強など集中したいことを優先したい方などは使用について薬剤師や医師に相談することをおすすめします。

②便秘、口の渇き、目のかすみ・・・抗コリン成分の主な副作用について

ここでは3つの症状を合わせて紹介させて頂きます。一見、その症状が起こる場所が違うため、何の関連性があるのか不思議に思う方もいらっしゃると思います。

実は、この3つの症状は「抗コリン成分」によって引き起こされることが分かっています。こちらも以前ご紹介させて頂きましたが、抗コリン成分とは、体の中で様々な働きをしている成分「アセチルコリン」の働きを止める成分のまとめた呼び方です。体の中においてアセチルコリンは様々なところで働いており、鼻せん(鼻水などを分泌する場所)、腸、唾液せん(唾液を分泌する場所)、目でも働いています。

抗コリン成分は鼻せんから出る鼻水を止めてくれますが、腸においては腸の動きを抑え便通を滞らせるためひどいと『便秘』に繋がり、唾液せんにおいては唾液の分泌を抑えるため『口の渇き』に繋がり、目においては眼圧(目の中の眼房水という液による圧)が高くなり『目のかすみ』に繋がります。目の症状は、ひどい場合には緑内障という目の病気を引き起こしてしまう可能性があります。この他にも排尿困難など抗コリン成分によって引き起こされる副作用があります。そして、他にかかっている病気(持病)によっては抗コリン成分の使用は控えた方が良い場合があります。

持病や治療中の症状、また体のことでお悩みや気になることがあれば、抗コリン成分の入ったお薬の購入の前に薬剤師や医師に相談・確認をとることをお勧め致します。

③過敏症

薬を使用して皮膚に赤いぶつぶつができる、高熱(38度以上)が出る、首・わきの下・股の付け根が腫れるなどの症状をまとめて過敏症と言います。薬を使用してすぐに起こるというよりは、2週間以上使用して起こることが多いようです。症状は様々ですが、命にかかわることもあります。

この過敏症は、風邪薬の成分によって引き起こされます。しかも、この過敏症は、「どの成分が良く起こして、この成分なら安全!」なんてことはありません。個人差があるのです。成分によって過敏症が起こる・起きないもそうですし、起きた場合過敏症の症状の程度もひとりひとり違うのです。要するに「自身と成分の相性による」ということになります。

この相性は、ひとつの成分に限らず、特徴が似た成分によっても引き起こされる場合もありますので、これまでに薬を飲んで過敏症を起こした経験のある方は、成分名・薬剤名をメモなどで控えて置き、購入の際に薬剤師などに相談されることをお勧めします。

④その他の副作用

今回紹介させて頂いたお薬は、鼻の症状を抑える成分以外にも複数の有効成分が配合されています。そのため、それらの成分による副作用が起こることがあります。胃腸症状(吐き気、嘔吐、食欲不振、胸やけ、下痢)や息切れ・息苦しさ、頭痛などです。これらの副作用は、風邪薬に入っている成分によって異なりますので、購入した風邪薬の説明文書で確認するとよいでしょう。

なお、市販薬の風邪薬の大半は指定第二類医薬品となっています。お子さんや妊娠している方が使った場合に重い副作用が出やすいとされている成分や間違って飲みすぎた場合に命に関わってしまうおそれのある成分、使いすぎると習慣性や依存性のおそれがある成分を含んでいるためです。使い方を間違えると危険だということです。ですので、使用上の注意をしっかり理解して、用法・用量、使用できる年齢を間違えないようにしてください。

まとめ

様々なお薬の中から、よく効く風邪薬を選ぶ際には、効能効果・有効成分・用法に重点を置くとよいということを始めにお伝えしました。自身の体のことやライフスタイルに合わせて選択して頂くためにも副作用に注意する必要もありましたよね。

そして、おすすめの「よく効く風邪薬」をランキング形式で紹介しました。お薬の使用は自身やご家族の体調で困った際の解決法ですが、適切に使用することで効果を発揮します。購入の際には適切に使用できるように風邪薬の特徴を考えた上で選択して頂ければと思います。今回紹介した内容がその選択に役立つことを願っています。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

この記事のライター

薬剤師をしています。ヘルスケア分野の情報をわかりやすく説明します。

関連するキーワード


風邪薬

関連する投稿


薬剤師が選ぶ!よく効く風邪薬の症状・効果別ランキング18選【市販薬】

薬剤師が選ぶ!よく効く風邪薬の症状・効果別ランキング18選【市販薬】

風邪薬は、たくさんの種類があってどれがよく効くのか分からないですよね。風邪薬はそれぞれ適した症状・効果が異なるため、症状や効果別に選んで買うのがおすすめです。症状・効果別におすすめの風邪薬を薬剤師がまとめました。ぜひ参考にしてください。


咳止めによく効く!おすすめの風邪薬ランキングTOP15【市販薬】

咳止めによく効く!おすすめの風邪薬ランキングTOP15【市販薬】

「風邪で咳がつらい・・」そんなときに使いたい咳止めの風邪薬。ただ、たくさんの薬があってどれを選んだらいいのか分かりませんよね。この記事では薬剤師資格を持つライターがどの市販薬の咳止め風邪薬がおすすめなのかランキング形式で紹介します。


効かない!? コンタック咳止め薬の効果・成分・副作用と飲み合わせ

効かない!? コンタック咳止め薬の効果・成分・副作用と飲み合わせ

よくCMでも見かける風邪薬の「新コンタック®せき止めダブル」。効くか効かないかも気になるところですよね。薬剤師資格を持つライターがコンタック咳止め薬の効果・成分・副作用と飲み合わせで注意する点についてまとめました。


最新の投稿


そばダイエットの効果と成功方法10個!注意点とおすすめ人気レシピ5つ

そばダイエットの効果と成功方法10個!注意点とおすすめ人気レシピ5つ

そばは健康的なイメージがありますよね。そんなそばはダイエット向きの食品なのでしょうか。そばダイエットの効果・やり方・成功方法について詳しく説明します。さらに、そばダイエットの注意点と、おすすめの人気レシピも紹介しますので、ぜひ自分でも作ってみてください。


もやしの栄養成分と効果効能7個!他の野菜と比較して栄養価が高い?低い?

もやしの栄養成分と効果効能7個!他の野菜と比較して栄養価が高い?低い?

「もやしには栄養がない」なんて言われることもありますが、実際はどうなのでしょうか。もやしの栄養成分と効果効能について解説します。また、他の野菜と比較して栄養価が高いのか低いのかについても説明します。もやしをよく食べている人はぜひ見てください。


恵ヨーグルトの栄養成分・糖質・効果2つ!痩せる?ガゼリ菌は便秘に効く?

恵ヨーグルトの栄養成分・糖質・効果2つ!痩せる?ガゼリ菌は便秘に効く?

雪印メグミルクの「恵 megumi」ヨーグルト。こちらのヨーグルトの栄養成分・糖質量・効果について詳しく専門家が解説します。恵ヨーグルトで痩せることができるのか?ガゼリ菌は便秘に効くのかなど、臨床試験結果も踏まえて説明していますので、ぜひ参考にしてください。


3日で5キロやせる!?ダイエット成功方法16個!食事・筋トレメニューは?

3日で5キロやせる!?ダイエット成功方法16個!食事・筋トレメニューは?

「すぐにやせたい・・」「3日後までに何とかしたい・・」そんなときってありますよね。3日で5キロやせることは出来るのでしょうか?短期間でダイエットに成功する方法とそのための食事・筋トレメニューについて専門家が詳しく解説します。


にんにくの栄養成分と効果効能5個!健康に良い食べ方や量は?

にんにくの栄養成分と効果効能5個!健康に良い食べ方や量は?

健康に良いと言われることの多い「にんにく」。にんにくにはどんな栄養成分と効果効能があるのでしょうか。さらには健康に良い食べ方や量はどのくらいなのか、詳しく説明します。おすすめの料理レシピも紹介しますので、食べるときに試してみてください。


最近話題のキーワード

Curyで話題のキーワード


短期間ダイエット 風邪薬 ハムストリング 便秘 ヨーグルト