【徹底比較】カゼインプロテインのおすすめランキングTOP15

【徹底比較】カゼインプロテインのおすすめランキングTOP15

プロテインには、ホエイ・ソイ・カゼインなど種類があります。今回は、カゼインプロテインとは何なのか説明し、カゼインプロテインの選び方とおすすめランキングを紹介します。良質なプロテインをトレーニングに役立ててください。


カラダづくりの大きな手助けとなるプロテインは、現在数多くの商品が発売されています。スポーツショップや薬局、インターネットなどでプロテインを選ぶときに目にする多くの商品のほとんどは“ホエイプロテイン”と呼ばれる種類です。しかし、プロテインには他の種類もあります。その一つが「カゼインプロテイン」です。

プロテインは種類によって、効果の違いや効率的な摂取タイミングなど細かい点で異なる部分があり、それぞれの特徴を活かすことによって、カラダづくりを更に効率よく行うことができるのです。

今回はカゼインプロテインについて詳しく解説するとともに、オススメのカゼインプロテインをランキング形式で紹介していきます。

カゼインプロテインとは?

そもそもカゼインプロテインとはどのようなものなのでしょうか。
ここではカゼインプロテインについて簡単に紹介いたします。

カゼインプロテインとは

「カゼイン」とはたんぱく質の一種で、主に牛乳に含まれます。牛乳に含まれるたんぱく質の約80%がカゼインたんぱくです。このカゼインたんぱくを効率よく摂取するためのものが、カゼインプロテインなのです。

たんぱく質は、カラダづくりのために欠かせない栄養素です。
牛乳からカゼインを摂取してもいいのですが、カラダづくりに効果のある量を摂取するには大量に牛乳を飲まなくてはいけなくなるため効率的ではありません。そのため、サプリメントを活用するのです。

カゼインプロテインの特徴

ホエイプロテインもカゼインプロテインも、同じたんぱく質であることに違いはありません。大きな違いは、体内への吸収時間です。ホエイプロテインは体内への吸収が早く、約2時間程度であるのに比べ、カゼインプロテインは約7~8時間も吸収に時間がかかります。吸収時間が遅いということは、長時間にわたってたんぱく質を補給できるということです。また、吸収時間の遅さによって満腹感を持続させることができるという点もカゼインプロテインの特徴の一つです。

これらの違いを活用し摂取するタイミングによってプロテインを使い分けることで、効率よくカラダづくりを行うことができるのです。

良いカゼインプロテインを選ぶ3つのポイント

数あるカゼインプロテインの中で、どのような点に注目して商品を選べばよいのでしょうか。ここではポイントを3つに絞り、カゼインプロテインの選び方を紹介します。

①たんぱく質含有率
プロテイン商品を選ぶ際に最も重要視して比べたいのが“たんぱく質含有率(たんぱく質含有量)”です。

これは、摂取した量のうち、たんぱく質がどのくらい配合されているかをわかりやすく示した数値です。例えば、1回あたりの推奨量が20gの場合、たんぱく質が16g摂取できるのであればたんぱく質含有率は80%ですし、10gしか摂取できないのであれば、たんぱく質含有率は50%となります。

同じ量を摂取するのであれば、たんぱく質を多く含んだ商品の方が、たんぱく質を多く摂取するという目的において効率が良いといえるでしょう。

②味
どんなにたんぱく質含有率が多くても、口に合わなければ飲むのも苦痛ですし、途中で飲むのをやめてしまう原因にもなります。プロテインは続けて飲まなくては効果は現れません。そのため、自分の好みの味を探すということも重要な項目なのです。

味と同時に、溶けやすさというのも気にしてみてください。商品によってはなかなか溶けなくて“だま”になってしまい、飲みにくいというプロテインもあります。特にカゼインプロテインは、ホエイプロテインに比べドロドロ感が強く、飲みにくく感じる人が多いようです。

こればかりは実際に飲んで、味や溶けにくさを確かめてみないとわかりませんので、様々なサイトで口コミなどを参考に自分の好きな味を探し、最初はお試しで少ない量の商品を買って試してみることをオススメします。

③値段
長期間続けるためには、値段も重要です。どんなに良いプロテインでも高価であれば、続けて摂取するのも難しくなってしまいます。たんぱく質含有率や味とともに値段を比べてみて、長期的に購入することができるかどうか検討してみましょう。

プロテインは内容量のパターンが数種類あり選べるものがほとんどです。好みの商品があったら、できるだけ大容量で購入した方が割安です。また、サイトによって値段が大きく異なりますので、定価で購入するのではなく、できるだけ安い値段で買えるところを色々と探してみましょう。

おすすめのカゼインプロテインランキングTOP15

ここでは、オススメのカゼインプロテインをランキング形式で紹介します。あくまでも個人的なものですので、皆さんがプロテインを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

No.1:100% ゴールドスタンダート カゼインプロテイン

商品名:100% ゴールドスタンダート カゼインプロテイン
ブランド名:Optimum Nutrition (オプティマムニュートリション)


アメリカのメーカー Optimum Nutrition が販売するプロテインです。
たんぱく質含有率は70%と平均的ですが、消化酵素を追加しているため効率よく体内へ吸収することができます。1回の摂取で24gのたんぱく質と、5gのBCAA、5gのグルタミンが摂取できるため、筋肉づくりの効果が高いといえます。その上糖質がほとんど含まれていないため、体脂肪をつけたくない人にも嬉しい商品です。

プロテイン大国であるアメリカでも常に人気が高く、日本でも使用している人が多いプロテインメーカーなので、海外製品に不安がある人でも安心して摂取することができるでしょう。

知名度、安全性、成分など総合的に見てNo.1のカゼインプロテインです。

100% ゴールドスタンダート カゼインプロテイン・クッキーズ&クリーム

No.2:カゼインミセル

商品名:カゼインミセル
ブランド名:MYPROTEIN(マイプロテイン)


ヨーロッパにおいて人気の高いイギリスのスポーツ栄養ブランド MY PROTEIN が販売しているカゼインプロテインです。

たんぱく質含有率が87%とハイレベルなカゼインプロテインで、1回あたり26gのたんぱく質を摂取することができます。プロテインに使われているカゼインには、カゼインミセルとカゼインカルシウムという種類があります。この商品はカゼイン抽出時に有益な栄養素も残されているカゼインミセルが使用されており、カゼインカルシウムを使用した商品に比べ若干値段が高めですが、効果は高いといえるでしょう。

カゼインミセル

※MY PROTEINは公式サイトでの購入がお得です

No.3:コンバット 100%カゼイン

商品名:コンバット 100%カゼイン
ブランド名:MusclePharm(マッスルファーム)


アメリカのメーカー MusclePharm が販売するカゼインプロテインです。
たんぱく質含有率は82%と高水準で、1回あたり28gのたんぱく質を摂取することができます。消化酵素を追加で配合しているため、消化吸収に優れており、また、グルテンフリーという点も嬉しいポイントです。世界トップランクのテニスプレーヤーが実践するグルテンフリーの食事方法を紹介した書籍が日本でも話題となったので、ご存知の方も多いかもしれませんが、グルテンフリーとは小麦などに含まれているたんぱく質である“グルテン”を排除することで、腸内での消化やカラダの調子を整える効果があります。

このメーカーは、アメリカの格闘技団体「UFC」へ公式に栄養サプリメントを提供しているので、品質においては心配ないといえるでしょう。

MusclePharm, コンバット、100%ミセルカゼインプロテイン、チョコレートミルク、64 oz(1814 g)

No.4:プラチナ100%カゼイン

商品名:プラチナ100%カゼイン
ブランド名:Muscletech(マッスルテック)


アメリカのメーカー Muscletech が販売するカゼインプロテインです。
たんぱく質含有率は80%と平均以上で、1回あたり24gのたんぱく質、BCAAやグルタミンも5gずつ摂取することができます。20年以上の実績があるメーカーなので、品質には問題ありません。

口コミでは、カゼインプロテイン特有の溶けにくさが少なく飲みやすいという評価が多いようです。カゼインプロテインのドロドロした感じや粉っぽさが苦手な人は、このプロテインを試してみてはいかがでしょうか。

Muscletech, プラチナ100%カゼイン、ストロベリー・ショートケーキ、3.62ポンド(1.64 kg)

No.5:カゼイン100

商品名:カゼイン100
ブランド名:ALPRON(アルプロン)


国内メーカー ALPRON が販売するカゼインプロテインです。
たんぱく質含有率は88%と高く、ハイスペックなプロテインといえます。1回あたり18gのたんぱく質を摂取することができます。

様々なアスリートに対して栄養サポートをしており、アスリートからの評判も高いサプリメントメーカーです。ただ、メーカー公式サイトにはこの商品が掲載されていないところを見ると、現在流通している在庫のみの商品の可能性が高いです。気になる方はお早めのご購入をオススメします。

アルプロン カゼインプロテイン100 3kg

No.6:730'CASEIN PROTEIN

商品名:730'CASEIN PROTEIN
ブランド名:PPN(ピークパフォーマンスニュートリション)


国内のメーカー PPN が販売するカゼインプロテインです。
たんぱく質含有率は82%と高く、1回あたり25gのたんぱく質を摂取することができます。また、カラダの調子を整えるビタミンA・エネルギー代謝に必要とされるビタミンB・ストレスなどからカラダを守り抗酸化作用のあるビタミンCなどのビタミン群が配合されています。カゼインプロテインでこのように他の栄養素が追加して配合されている商品は珍しく、その点で他のプロテインよりも優れているといえます。

現役パワーリフティング日本チャンピオンが商品の監修をしており、様々な分野のアスリートやトレーニング愛好者に好評を博しているメーカーです。カラダづくりだけでなく、日頃からの健康維持管理にも活用できるプロテインです。

PPNの100%カゼインプロテイン

No.7:ブルードラゴンアルファ

商品名:ブルードラゴンアルファ
ブランド名:HALEO(ハレオ)


国内メーカー HALEO が販売するカゼインプロテインです。
たんぱく質含有率は77%と平均以上で、1回あたり20gのたんぱく質を摂取することができます。消化酵素も含まれているため、効率よくたんぱく質を吸収することができます。

また、この商品にはベタインという成分が含まれています。このベタインは筋肉の分解するホルモンの分泌を抑え、筋肉を作るためのホルモンを増やす働きがあります。研究ではベタインを摂取することにより筋力・筋パワーの向上や筋量の増加、トレーニング量を増加させることができるという結果が出ています。

このメーカーも数多くの国内トップレベルの格闘技選手の栄養をサポートしており、カラダづくりや競技パフォーマンス向上に効果の高いサプリメントを作り出しています。

ハレオ ブルードラゴンアルファミルクチョコレート味1kg

No.8:エリートカゼイン

商品名:エリートカゼイン
ブランド名:Dymatize Nutrition(ダイマタイズニュートリション)


アメリカのメーカーDymatize Nutrition が販売するカゼインプロテインです。
たんぱく質含有率は71%と平均的で、1回あたり25gのたんぱく質、BCAAやグルタミンも5gずつ摂取することができます。消化酵素も含まれており、吸収率の高いカゼインプロテインの一つです。

グルテンをカットしているため、グルテンフリーの食事を実践している人でも安心して摂取することができます。

飲みやすさが評判で、味も甘く、甘いものが好きな人にとってうれしいプロテインです。おやつ代わりにも使えるため、女性などにもオススメできる商品です。

Dymatize Nutrition, エリートカゼイン、 100%ミセルカゼイン、 シナモンバン、 4ポンド (1,836 g)

No.9:カルシウムカゼイン

商品名:カルシウムカゼイン
ブランド名:MYPROTEIN(マイプロテイン)


イギリスのメーカー MYPROTEIN が販売するカゼインプロテインです。
たんぱく質含有率は87%と高く、1回あたり27gのたんぱく質を摂取することができます。
カルシウムカゼインを使用しているため、安価です。他の栄養素は必要ないから、たんぱく質がしっかり摂取できればいいと考えている人にとってオススメのプロテインです

カルシウム・カゼイン

No.10:リカバーカゼインプロテイン

商品名:リカバーカゼインプロテイン
ブランド名:SAM'S(サムズ)


国内メーカーSAM'S が販売するカゼインプロテインです。
たんぱく質含有率は88%とハイレベルで1回あたり22gのたんぱく質を摂取することができます。
このメーカーは主にマラソンやトライアスロンなどの持久系競技のアスリートを多くサポートしており、この商品も持久系アスリートにオススメの商品として販売されています。

フルマラソンをはじめとする持久系のスポーツを行っている人でプロテインを摂取してみようかと考えている人は、まずこの商品を試してみてはいかがでしょうか。

SAM'S(サムズ)リカバーカゼインプロテイン/リッチココア味/300g約12回分

No.11:BIG CASEIN

商品名:BIG CASEIN
ブランド名:BULK SPORTS(バルクスポーツ)


国内メーカー BULK SPORTS が販売するカゼインプロテインです。
たんぱく質含有率は74%と平均的で、1回あたり23gのたんぱく質を摂取することができます。

この商品はカゼインカルシウムを使用しており、価格が高い国内メーカー製のプロテインの中でも安価な商品です。海外製品はカラダに合うか心配だという人や日本製にこだわりたい人、しかもできるだけ安くプロテインを摂取したいという人にとってオススメです。

バルクスポーツ ビッグカゼイン 1㎏ チョコレート

ここまでは100%カゼインで作られているプロテインです。プロテインの中には「カゼイン+ホエイ」など複数の種類のたんぱく質を混ぜ、それぞれのメリットを活用するプロテイン商品もあります。ここからはそのような混合型(タイムリリース型)のカゼインプロテインを紹介します。

No.12:ホエイ&カゼイン ダブルプロテイン

商品名:ホエイ&カゼイン ダブルプロテイン
ブランド名:GOLD'S GYM(ゴールドジム)


国内メーカー GOLD'S GYM が販売するプロテインです。
たんぱく質含有率は82%と高く、1回あたり24gのたんぱく質を摂取することができるほか、たんぱく質の代謝に必要なビタミンB群やコンディションを整える鉄分やカルシウムも配合されています。カゼインプロテインとホエイプロテインを1:1の割合で配合しており、素早い吸収が求められるトレーニング直後にも、ゆっくりとした吸収が効果的な就寝前にも使うことができるプロテインです。

世界中で最も有名なトレーニングジムである GOLD'S GYM が販売しているということで、活用している人が多い商品です。

GOLD'S GYM ホエイ&カゼイン ダブルプロテイン バニラ風味 2kg

No.13:コンバットパウダー

商品名:コンバットパウダー
ブランド名:MusclePharm(マッスルファーム)


アメリカのメーカー MusclePharm が販売するプロテインです。
たんぱく質含有率は69%と平均より若干低めですが、1回あたりの摂取量が多いため25gのたんぱく質を摂取することができます。この商品はカゼインをはじめ5種類のプロテインを配合しており、8時間もたんぱく質を供給し続けるという点にあります。消化酵素も含まれているので、お腹の弱い人でも効率よく吸収できるプロテインです。

味も100%カゼインのプロテインに比べ飲みやすく、美味しいという口コミが多いようです。日頃から動き回るような仕事でエネルギー消費量が多い人や、こまめに食事が摂れない人などにオススメな商品です。

Muscle Pharmコンバット プロテインパウダー 2275g

No.14:シンサ-6

商品名:シンサ-6
ブランド名:BSN(ビーエスエヌ)


アメリカのメーカー BSN が販売するプロテインです。
たんぱく質含有率は50%と低めですが、この商品も6種類のプロテインを使い8時間体内のたんぱく質量をキープすることができます。中鎖脂肪酸、食物繊維、BCAA、グルタミン、吸収酵素などそのほかに配合されている成分が沢山あり、カラダづくりに効果の高いプロテインです。

1回あたりの摂取量が男性88g、女性44gと多いため、男性は1回あたり44g、女性は22gのたんぱく質を摂取することができます。

ボディビルダーの世界チャンピオンなども使用していることから人気が高く、筋肉をより大きくしたい人にオススメのプロテインです。

[大容量1.82kg] シンサ-6 アイソレート タイムリリース型プロテイン ※チョコレートミルクシェイク風味

No.15:カゼイン&ホエイ

商品名:カゼイン&ホエイ
ブランド名:be LEGEND(ビーレジェンド)


国内メーカー be LEGEND が販売するプロテインです。
たんぱく質含有率は74%で1回あたり21gのたんぱく質を摂取することができます。
このプロテインの特徴は、カゼインとホエイを9:1の割合で配合している“ほぼカゼイン”のプロテインです。また、ビタミンCやビタミンB6を配合しており、体調管理としても活用することができます。

様々な競技アスリートをサポートしており、比較的安価な商品が多いため人気のあるメーカーといえます。

ビーレジェンド -beLEGEND- カゼイン&ホエイ いちごミルク風味(1Kg) [アミノ酸スコア100]

混合型のカゼインプロテインについて

混合型のカゼインプロテインを紹介しましたが、研究では複数のプロテインを混ぜたことで単一のプロテインに比べ筋肉づくりの効果が高まったという報告もあるなどメリットが沢山あります。

しかし、デメリットももちろんあります。混ぜることによりカゼインの量が少なくなるので、長時間たんぱく質の補給が続くというカゼインのメリットが弱まってしまうのです。

カゼインの特徴を最大限活用したいと考えているのであれば、100%カゼインの商品を選ぶようにしましょう。

カゼインプロテインの効果2つ

カゼインプロテインの効果は大きく分けて2つあります。

①筋肉の合成・分解抑制

プロテインの一番の効果は、筋肉の分解を防ぎ、筋肉をつけることにあります。それはどのプロテインの種類でも同じです。特にハードなトレーニングをしていたり、ダイエットをしている時は消費エネルギーの増加や摂取エネルギーの抑制により、エネルギー不足に陥りやすくなります。するとカラダはエネルギーを確保するために体脂肪よりも分解しやすい筋肉を消費し、エネルギーを確保しようとするのです。

筋肉が分解されることで筋量が低下してしまい、せっかく筋トレをハードにしていても、トレーニングの効果が現れにくくなってしまうのです。筋肉をつけるための筋トレで筋肉を分解していては意味がありませんよね。

それを防ぐためにも、たんぱく質をしっかり摂取する必要があるのです。
カゼインプロテインはゆっくりと吸収されるという特徴がありますので、長時間たんぱく質を補給でき筋肉の分解抑制に高い効果を発揮するといえます。

②ダイエット

カゼインプロテインは吸収速度が遅いため、腹持ちが良いというのも特徴です。そのためダイエット中に活用することで食事量を減らして摂取カロリーを抑えることに繋がり、減量や体脂肪減少に大きく役立ちます。また、海外の研究ではカゼインたんぱくの摂取量を増やしたところ、体脂肪が減少したという報告もあります。

カゼインプロテインには、天然のグルタミンという成分が多く含まれており、筋肉の分解を防ぐだけでなく、消化の働きをサポートしたり免疫力の向上などの効果が期待できます。カゼインプロテインを摂ることでたんぱく質やグルタミンの働きにより、体調管理をしながら筋肉を減らさず体重を落とすという理想的なダイエットが可能となるのです。

カゼインプロテインを飲む量とタイミング

カゼインプロテインの効果を引き出すための摂取量と摂取タイミングを紹介します。

たんぱく質の摂取量目安

たんぱく質は体重1kgあたり2g~3g摂取すると、筋肉づくりに効果が高いとされています。
例えば体重60kgの人であれば1日の食事で120~180gの摂取が理想です。しかしこの量を全て食事から摂取するのは大変です。そのため、食事から摂取できる量の不足分をプロテインで摂取するとよいでしょう。

よく、トレーニングをした後だけプロテインを飲むという人もいるようですが、できればトレーニングをした日だけでなく毎日プロテインを摂取して、目安量のたんぱく質を摂取した方がカラダづくりの効果は高いといえるでしょう。

②カゼインプロテインの効果的な摂取タイミング

カゼインプロテインの効果を最も発揮させる摂取タイミングは“就寝前”です。就寝中は成長ホルモンの分泌が活発で筋肉づくりに効果の高いタイミングの一つです。その時に体内にたんぱく質が供給されることで筋肉が効率よく作られるのですが、就寝中は食事ができないため体内のたんぱく質量が不足しがちです。ゆっくりと吸収されるカゼインプロテインを就寝前にとっておくことで、就寝中も常にたんぱく質を補給できるのです。

そのため、上級者にもなれば、トレーニング直後と就寝前のプロテインを違うものにして、就寝前にはカゼインプロテインを摂取するという人も多いのです。

その他、腹持ちが良いカゼインプロテインは、食事の置き換えとしても活用することができます。3食のうち、1食をカゼインプロテインにすることで摂取カロリーを抑え、ダイエットの効率を高めます。すぐに吸収されるホエイプロテインでは空腹感が強くなってしまうため、食事置き換えのために活用するのであればカゼインプロテインが適しています。

まとめ

現在販売されているカゼイン100%のプロテインは、ホエイプロテインに比べそう多くはありません。一般的にもまだまだ活用している人は多くないでしょう。

しかし、カゼインプロテインのゆっくり吸収され体内のたんぱく質量を長時間キープするという特徴は、筋肉づくりだけでなく日々の健康管理にとっても大変効果のあるものです。

今までカゼインプロテインに関心がなかった人でも、これを機にカゼインプロテインの摂取を検討してみてください。必ずカラダづくりの効果が高まることでしょう。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

この記事のライター

トレーナーとして活動しています。ダイエットやトレーニング方法についてお伝えします。

関連するキーワード


プロテイン

関連する投稿


筋トレ+有酸素運動+プロテインの順番と時間を徹底解説

筋トレ+有酸素運動+プロテインの順番と時間を徹底解説

筋肉を増やして鍛えていくとき、脂肪を減らして絞った体にしたいとき、に筋力トレーニング、有酸素運動、プロテインをどのような順番ですると効率的なのか、時間はどのくらいがいいのか、気になると思います。今回はそんな疑問に思うことを徹底解説します。


【徹底比較】マイプロテインおすすめ人気商品ランキングTOP15と口コミ

【徹底比較】マイプロテインおすすめ人気商品ランキングTOP15と口コミ

イギリスのブランド「マイプロテイン」。現在フィットネス業界でも飲む人が増えて人気が出てきています。そんなマイプロテインでは、プロテイン以外にも様々な商品があるので、おすすめの人気商品ランキングTOP15を紹介します。


HMBとは?効果効能3つと飲み方・副作用を徹底解説【専門家解説】

HMBとは?効果効能3つと飲み方・副作用を徹底解説【専門家解説】

現役トレーナーが最近注目度が上がっている「HMB」について解説します。HMBとは?HMBの効果効能は?どんな飲み方やタイミングがよくて、副作用はあるのか、そんな多くの人が気になることを徹底解説します。


【徹底比較】HMBサプリメントのおすすめランキングTOP15

【徹底比較】HMBサプリメントのおすすめランキングTOP15

HMBサプリメントが筋力トレーニングを伴うダイエットに効果があると人気です。HMBに関する商品数も増える中で、おすすめのHMBサプリメントを徹底比較しながらランキング形式で紹介します。迷っている人はこちらを参考にして下さい。


最適を選ぶ!ザバスプロテインの種類と目的別おすすめ商品14選

最適を選ぶ!ザバスプロテインの種類と目的別おすすめ商品14選

プロテインとして有名なブランド商品「ザバス」。ザバスには様々な種類があるため、どれを選んだらいいのか迷うことも・・。この記事ではあなたの目的に応じて最適なザバスの商品が選べるように説明していきます。


最新の投稿


コストコのサプリメント人気おすすめ20選!ビタミン・美容

コストコのサプリメント人気おすすめ20選!ビタミン・美容

コストコのサプリメントで人気のおすすめ商品を紹介します。ビタミンや美容に良いサプリメントです。栄養不足を感じた方は試してみてください。


有酸素運動ダイエットで効果的な方法16個と時間・頻度【医師監修】

有酸素運動ダイエットで効果的な方法16個と時間・頻度【医師監修】

ダイエットのために有酸素運動に取り組む人は多いですよね。ただ、有酸素運動を行うだけでは効率よくやせることは出来ません。有酸素運動ダイエットで効果的な方法と、適した時間や頻度をお伝えします。


1ヶ月で5キロ本気でやせる!ダイエット成功方法15個【専門家解説】

1ヶ月で5キロ本気でやせる!ダイエット成功方法15個【専門家解説】

「1ヶ月で何とか本気でやせたい!」「体重が5キロやせた体にしたい!」そんなふうにダイエットに本気で取り組みたい人に向けて、1ヶ月で5キロやせるためのダイエット成功方法とコツを専門家が詳しく説明します。


断トツの美尻に!ヒップアップに効果的な筋力トレーニング方法14選

断トツの美尻に!ヒップアップに効果的な筋力トレーニング方法14選

女性が憧れるキレイな後ろ姿。筋トレで美尻を手に入れませんか?正しい筋トレをすれば、ヒップアップ効果が見込め、後ろ姿が大きく変わります。ヒップアップに効果的な筋力トレーニング方法14選を紹介します。


超危険?1日で痩せる唯一の方法は?3キロダイエット方法15個

超危険?1日で痩せる唯一の方法は?3キロダイエット方法15個

「明日までに1日でやせたい!」そんなふうに思うことってありますよね。1日でやせる方法はあるのか?危険ではないのか?詳しく解説します。さらに、ダイエットに成功する方法とコツについても詳しく解説します。


最近話題のキーワード

Curyで話題のキーワード


短期間ダイエット 貧血 風邪薬 ホワイトニング 高齢者 便秘