ミノキシジルタブレットとは?効果効能2つと飲み方・副作用【薬剤師解説】

ミノキシジルタブレットとは?効果効能2つと飲み方・副作用【薬剤師解説】

AGA(男性型脱毛症)の有効成分として注目されるミノキシジル。そのミノキシジルが含まれるミノキシジルタブレットとは何なのでしょうか。どんな効能効果があって、適切な飲み方はどのようなものなのか、副作用は大丈夫なのか、など気になることを徹底解説します。


※この記事は、薬剤師の資格を持つライターが書いています。

薄毛対策に効果がある方法は?と聞かれた時に、「リアップ」、「プロペシア」などと同様に有力候補に挙げられる薬に『ミノキシジルタブレット』があります。いろいろと薬を試したけど、一番効果が強かったという方も多いようです。

このミノキシジルタブレットはどのような薬なのでしょうか? 実際にどれくらい効果が期待できるのか、そして副作用はどのようなものがあるのか気になりますよね。

今回は、このミノキシジルタブレットを効果的に、そして安全に使用するために必要な情報について紹介します。

ミノキシジルタブレットとは?

ミノキシジルタブレットは、有効成分である「ミノキシジル」の「タブレット」型の薬という意味です。

タブレットとは錠剤のことですので、つまり『ミノキシジルを含有している錠剤』となります。内服することで効果を発揮します。「ミノタブ」などと省略して呼ばれることもあります。

ミノキシジルが薄毛対策の薬として使われるようになるまでの経緯

ミノキシジルは、リアップ(外用剤)の有効成分ですので、薄毛対策を考えている方の大半はその名前を聞いたことがあるでしょう。今では発毛剤として有名ですが、最初は高血圧治療薬として使われていました。アメリカのアップジョン社(現Johnson&Johnson社)が開発したもので、1979年から高血圧の患者さんに飲み続けられていますので、安全性が高い(副作用が少ない)薬だと考えられます。

ただ、その副作用の一つに多毛がありました。高血圧の治療において多毛は副作用となりますが、脱毛症にとっては有効な作用になりますので、ミノキシジルが発毛剤として使えるのではないかと考えたそうです。

そこで発毛剤として開発が進み、内服薬だけでなく直接頭部に塗るタイプの外用剤などが試されました。

いくつかの臨床試験の結果、有効性は内服薬(ミノキシジルタブレット)の方が高いとされる一方で、頭部だけでなく関係のない部分(全身)の発毛を促進してしまう可能性と血圧低下などの全身性の副作用が出ることが分かりました。そのため副作用の少ない外用剤の方が主流となり、日本でもリアップとして発売されています。

ただ、内服薬の方が効果は高く、さらに効果が実感できるまでの期間が短いという報告がありますので、効果を重視する方にはミノキシジルの内服薬、つまりミノキシジルタブレットがお勧めとなります。さらにミノキシジルタブレットと他の治療薬・治療法と組み合わせると、より高い発毛効果が出るとの情報もあります。

「男性型脱毛症に対して他の治療法を行っても期待した効果が得られなかった方」や「強力な発毛剤を使いたいという方」は試してみてはどうでしょうか?

次からはミノキシジルタブレットの詳しい情報を見ていきましょう。

ミノキシジルタブレットの濃度の種類

ミノキシジルタブレットが錠剤ということは理解してもらえたと思いますが、ではどのような種類(規格)の錠剤があるのでしょうか?

先ほども述べたようにミノキシジルタブレットは全て海外の商品となります。現在、個人輸入できる商品の有効成分含有量(規格)は以下の3種類です。

規格(ミノキシジル含有量) 用法・用量
2.5 mg/1錠 1日1回もしくは2回
5 mg/1錠 1日1回
10 mg/1錠 1日1回

注)用法・用量は医師の判断により変更されることがあります。

1錠に含まれるミノキシジルの量が増えるほど効果が上がりますが、副作用のリスクも高くなりますので、どの規格を用いるかは医師の判断に任せるのが賢明でしょう。2.5 mgの錠剤から服用を開始して、様子を見ながら増量するという形を取ることが基本的な流れとなっているようです。

もし副作用は気にならないという方は、医師に相談すれば含有量の多い高用量の錠剤から使うことも可能でしょう。ただ、医師に相談せずに自己判断だけで高用量を使うことはリスクが非常に高いので、くれぐれも控えてください。

ミノキシジルタブレットの効果効能2つ

有効成分のミノキシジルは、男性型脱毛症における「①脱毛(抜け毛)の予防」と「②発毛の促進」の2種類の効果が認められています。

ミノキシジルタブレットの服用により、脱毛を減らしつつ、発毛を促進することが期待できます。これらの効果により男性型脱毛症により薄くなった部分や生え際が後退した部分に発毛が認められるということです。見た目が明らかに変わるという使用者の感想が効果の高さを示していると言えるでしょう。

続いて、ミノキシジルタブレットの効能効果に関するポイントについて見ていきましょう。

ヘアサイクルと毛母細胞

ミノキシジルの作用を考える上で『ヘアサイクル』と『毛母細胞』、『男性型脱毛症』という言葉が重要となりますので、まずはこれらの言葉をご紹介します。

<ヘアサイクル>
毛髪は生まれて、育って、そして抜けるといったサイクルを繰り返しています。これがヘアサイクルです。毛髪は、発毛したばかりの時は、薄く細いものですが「成長期」と呼ばれる期間中に長く太く成長していきます。そしてある程度の期間を過ぎたら、成長が遅くなる「退行期」、そして毛母細胞が休みに入って成長しなくなる「休止期」になります。この休止期の間に、毛母細胞は次の毛髪を発毛するための準備を行っていると考えられています。そして、生まれて一定の期間を過ぎた毛髪は、抜け落ちます。この一連の流れがヘアサイクルで、正常な場合は抜け落ちた後に、また新しい毛髪が生まれて育ちます。

<毛母細胞>
毛母細胞は毛髪の元となる細胞で、毛包と呼ばれる毛髪を育てる際に重要な器官の中に存在します。この毛包は皮膚の内側から外側にかけてあり、毛包の皮膚から飛び出ている部分が、いわゆる毛穴です。そして、毛包の中で毛母細胞が増殖することで、毛髪を作り成長させます。この毛母細胞の増殖が毛髪の誕生と成長に関わっていますので、毛母細胞がヘアサイクルの中心となっていると言っていいでしょう。

<男性型脱毛症>
『男性型脱毛症』は、「AGA (Androgenetic Alopecia)」と呼ばれることも多いので、このどちらかを目にしたことがあることと思います。どちらも同じ現象・症状のことです。外見的には、前頭部と頭頂部の頭髪が、軟毛化して細く短くなり、徐々に薄くなっていきます。そして最終的には額の生え際が後退し頭頂部の頭髪がなくなってしまいます。

この男性型脱毛症の発症・進行には男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」が関与していると考えられています。このジヒドロテストステロンは、毛母細胞の増殖および働きを抑えることにより、ヘアサイクルを止めてしまいます。その結果、新しい毛髪が生えてくることがなくなったり、毛髪が十分に成長しなくなったりします。これが見た目の変化や生え際の後退に繋がるということです。

脱毛の原因物質がこの男性ホルモンですので、「男性型」と名前に付いています。ただ、男性にだけ発症するのではなく、女性が発症することもあります。女性の体内にもこの男性ホルモンが少量ですが存在するためです。

ミノキシジルの毛母細胞に対する作用

ミノキシジルは毛髪を作る際に重要な働きをしている毛包(もうほう)という部位に直接作用して、その中にある毛母細胞の増殖などを促進する作用を持っていることが分かっています。

つまり、ジヒドロテストステロンにより影響を受けて増殖しなくなった毛母細胞を再び活性化させることができるのです。その結果、動かなくなっていた、もしくは遅くなっていたヘアサイクルが正常に近く動くことになります。これにより、脱毛に移行する毛髪を減らすこと、発毛を促進させること、そして細くなっていた毛髪を太く長く成長させることが期待できます。これらの作用により、ミノキシジルは、男性型脱毛症の「脱毛の進行予防」と「発毛の促進」を発揮するのです。

なお、ミノキシジルの効能効果の対象となっているのは男性型脱毛症だけとなっています。それ以外の脱毛症、例えば円形脱毛症や薬の副作用による薬物脱毛症などには効果がないとされていますので、使わないようにしてください。

ミノキシジルタブレットの適切な飲み方

適切な飲み方・正しい服用方法

ミノキシジルタブレット(錠剤)は、基本的にはミノキシジル含有量として1日あたり5 mg~10 mgを、1日1~2回服用します。最初は低用量から服用を開始して、副作用が出ないことを確認しながら、徐々に増やしていくことが多いようです。

ただ、医師の判断により多めの量から服用開始することもありますし、場合によっては10 mgよりも多い量を服用することもあります。いずれの場合にも医師の指示(用量・服用回数)に従い、ミノキシジルタブレットを服用するのが良いでしょう。

また、服用回数は1日1~2回となっていますが、ミノキシジルの効果は食事などの影響を受けるというデータがありませんので、どの時間に服用しても構わないと考えられます。

1日1回の場合は、例えば朝食後や寝る前などご自身の飲み忘れにくい時間に飲むとよいでしょう。1日2回の場合は、概ね12時間空ければ問題ありませんので、朝食後と夕食後、もしくは帰宅した直後などで飲むことをお勧めします。もちろん8時と20時などという感じで、きっちり12時間ごとに飲むのもよいでしょう。

そして飲料が効果に影響するとの報告もありませんので、服用する際は、どの飲料で飲んでも問題がないでしょう。水でもお茶、ジュースでもお好みの飲料で飲んでください。

効果の持続のためには継続的な服用が必要

海外で行われた臨床試験により、ミノキシジルタブレットは服用後1時間以内に血液中の薬物濃度が最高に達して、その後速やかに減っていくこと、そして4.2時間で血液中濃度が半分になることが分かっています。服用したミノキシジルは血液により頭部の毛母細胞に運ばれますので、血液中にミノキシジルが残っていれば、毛母細胞に対する作用が続くといえます。

ただ、毛母細胞に対する作用が毛髪の変化に繋がるには、ヘアサイクルが十分に回る必要がありますので、効果が見た目ではっきりと分かるようになるには服用を開始してから2ヶ月以上はかかると考えて良いでしょう。ちなみに、服用開始後4週間程度でも実感できた方がいるようです。

また、その間ミノキシジルが体内にない日が続くと毛母細胞の動きが悪くなる可能性がありますので、効果を感じにくくなってしまいます。実際にミノキシジルの使用を止めた場合には、それまでに得られていた効果がなくなるとの報告もあります。そのため、ミノキシジルタブレットは、効果発現のため、そして持続のために毎日欠かさず服用する必要があると考えられます。飲み忘れないように注意してください。

禁忌・慎重投与について

・褐色細胞腫のある方
・ミノキシジルに対して過敏症・アレルギーのある方

これらの方は『禁忌』に該当しますので、ミノキシジルタブレットを服用してはいけません。褐色細胞腫があると血圧の変化が大きく起こる可能性がありますし、過敏症・アレルギーは命にかかわることがあるためです。

また、うっ血性心不全の方は、体内の水分量や電解質にミノキシジルが影響を与える可能性がありますので、医師の観察の元、慎重に投与することとなっています。うっ血性心不全の既往歴がある方は、事前に医師にその旨をお伝えください。

そして、妊婦での安全性も確立していませんので、妊娠中の服用は避けた方が良いでしょう。

併用に注意すべき薬

ミノキシジルタブレットは、本態性高血圧治療薬のグアネチジン(商品名:イスメリン錠)と一緒に服用すると、起立性低血圧の副作用が出ることがあるようです。ミノキシジル単独の服用では起立性低血圧は起こらないとされていますので、これらを併用する際にはご注意ください。

ミノキシジルタブレットの副作用

ミノキシジルは高血圧の治療薬として40年以上内服薬として使われてきた薬ですので、副作用の発現率が低い安全性の高い薬だとされていますが、やはり薬ですのでミノキシジルタブレットの服用により副作用が出ることがあります。

重大な副作用

ミノキシジルは高血圧の薬としても使われていますので、毛髪に対するさようだけでなく、心臓への作用を持っています。そのため、心臓関係の副作用が出ることがあります。

これまでに確認されている重大な副作用は『心膜炎』、『心嚢液貯留・心タンポナーデ』です。

これらの副作用は命に関わることがありますので、注意が必要です。次にお示しする初期症状を感じた場合やそれが続いた場合には、ミノキシジルタブレットの服用を中止して、すぐに近くの医療機関を受診してください。

副作用 初期症状
心膜炎 発熱、深吸気時の胸痛など
心嚢液貯留・心タンポナーデ 首の血管のふくらみ、血圧低下、頻脈(脈が早くなる)、胸痛み、胸部圧迫感、意識低下、呼吸困難など

高頻度に起こる副作用

アメリカでの調査によると、ミノキシジルの服用により高頻度に発現した副作用は、『多毛症』と『浮腫』と報告されています。

「多毛症」は、ミノキシジルの毛母細胞に対する作用から考えると予想できる副作用です。その調査では、ミノキシジルを服用した方の80%以上で発現したようです。ミノキシジルは血液によって全身に運ばれますので、全身の毛母細胞に作用します。その結果、全身の毛が太く、長くなることがありますし、本数が増えることもあります。まゆげの周辺や腕、脚の毛が増えるもしくは目立つようになることで気付くことが多いようです。それだけ発毛作用が強いということがこの事からも分かりますね。

一方、「浮腫」はミノキシジルの心臓に対する作用によるものだと考えられています。心臓に作用しすぎた結果、体内の水分の流れが悪くなり、浮腫となります。アメリカでの調査では、ミノキシジルを服用した中で、およそ7%の方に発現したそうです。手や足のむくみ(腫れた感じ)や急な体重増加があった場合には、ミノキシジルタブレットの服用を中止して、様子を見てください。もし服用を中止しても改善しない場合には、医師の診察を受けてください。

その他の副作用

その他にこれまでに確認されている副作用は以下の通りです。これらの副作用の頻度は1%未満、もしくはまれと報告されています。

種類 副作用
過敏症 掻痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫など
血液 血小板減少、白血球減少
消化器 吐き気、嘔吐
その他 電解質異常、乳房圧痛

発現頻度のわずかな副作用ですが、もしこれらの症状が気になった場合や生活上問題となった場合は、ミノキシジルタブレットの服用を中止して様子を見る必要があります。また、血液検査で早期発見できる副作用もありますので、定期的に血液検査を受けることをお勧めします。

臨床検査値への影響

ミノキシジルの服用により、いくつかの検査値に異常が出ることが分かっています。ただ、これらは服用初期には異常となりますが、しばらくすると服用前の値まで戻ってくるようですので、そのまま服用を続けてもよいとのことです。ミノキシジルタブレットの服用を始めたタイミングで、健康診断などがあるとこれらの値に異常が出るかもしれませんが、心配はいらないでしょう。異常が出やすい検査値は次の通りです。
・心電図のT波
・ヘマトクリット値、ヘモグロビン値、赤血球数
・アルカリフォスファターゼ

ミノキシジルタブレットの初期脱毛の期間はいつまで?

ご存じの方も多いでしょうが、男性型脱毛症の治療薬には『初期脱毛』という症状が起こることがあります。これは薬の効果により、異常となっていたヘアサイクルが正常に戻る際に古い毛髪が抜け落ちるために起こると考えられています。つまり薬が効果を示した証拠だということです。

そのため、ミノキシジルタブレットを服用した際にも初期脱毛が起こることがあります。ヘアサイクルは一定ではなく、毛髪(毛包)によって異なりますし、正常に働いていた毛包もありますので、どのタイミングで脱毛が起こるかは個人差が大きいため、予想できません。

ただ、服用を開始して1ヶ月前後の間に起こることが多いようです。そして、脱毛する本数がそれほど多くない場合は、初期脱毛に気づかないこともあるようです。ミノキシジルタブレットを服用しても、実感するほどの脱毛が起きない方も多くいるという情報もありますので。

初期脱毛が起こった場合にミノキシジルタブレットの効果が出ている証拠だと考えても、脱毛が長期間続くと薬を疑ってしまい、服用を辞めたくなるかもしれません。その初期脱毛が続く期間ですが、1~2ヶ月だといわれています。ミノキシジルタブレット服用者の感想では、1ヶ月程度で初期脱毛がおさまったという声が多いので、だいたい1ヶ月続くと考えてよいでしょう。その間は薬の効果を信じて、服用を続けることをお勧めします。

ミノキシジルタブレットは生え際やM字にも効果がある?

これは効果があるともないとも言えます。状況によって異なるためです。
たとえば、生え際やM字になってしまった部分の後退を止めたい場合には効果があるとの報告があります。生え際が後退する際には、その周囲の毛母細胞(毛包)が増殖しなくなり、ヘアサイクルが回らなくなっています。そういう状況では、ミノキシジルが毛母細胞に作用するとヘアサイクルが正常に戻りますので、その周囲の毛髪が蘇ることになります。

一方、後退して長期間経ってしまった部位やM字になって生え際から遠ざかった部位に対しては、ほとんど効果が期待できません。そのような部位では、毛母細胞が活動しなくなって時間が経っており、ヘアサイクルが異常ではなく、ストップしてしまっているためです。「毛包や毛母細胞が死んでしまっている」と表現する医師もいますが、そういうイメージなのでしょう。たまに死んでおらす、毛母細胞が眠っていただけの場合がありますので、わずかかもしれませんが中にはそのような部位でも発毛する方もいるようです。

ミノキシジルタブレットの入手方法

ここまででミノキシジルタブレットの効果や特徴、気になる点などについて理解してもらえたと思います。では、どのようにしてミノキシジルタブレットを入手すればいいのでしょうか?

ミノキシジルタブレットは一般的な名称で、実際の商品名としては、『ロニテン(Loniten)』、『ノキシジル(Noxidil)』、『ミノキシジルタブレット(Minoxidil Tablets)』、『ロニタブ(Lonitab)』などがあります。日本では、ミノキシジルの内服薬は承認されていませんので、これらは全て海外で製造されている薬です。

そのため、一般的な病院や薬局では扱っていませんが、男性型脱毛症治療専門のクリニックでは処方してもらうことが可能です。そして、専門クリニックでは、ミノキシジルと脱毛症に効果がある他の有効成分を組み合わせた医薬品を販売しているところもありますので、ラインナップが豊富です。興味がある方は、専門クリニックで相談してみることをお勧めします。

また、専門クリニックが近くにないという方や受診する時間がなかなか取れない方もいるでしょう。そういう場合は、個人で入手することも可能です。海外の薬で入手が難しいと思われるかもしれませんが、個人輸入代行というシステムを利用して輸入することで、特別な申請などしなくても入手できます。なお、個人輸入代行してくれる会社(サイト)は、「ミノキシジルタブレット 個人輸入」などとインターネットで検索すれば容易に見つかるでしょう。

個人輸入では、サプリメントなどと同じように容易に入手できますが、ミノキシジルタブレットは医薬品ですので、副作用のリスクがあります。そのため、低用量から様子を見ながら服用し、何も問題がなければ増量していくことをお勧めします。副作用が起こる可能性があることを念頭に置きながら服用すると良いでしょう。ミノキシジルタブレットの副作用については、下で説明していますので、よく読んでから服用してください。そして、服用中に何かおかしいと感じた場合には、すぐに医師に相談してください。

まとめ

以上、ミノキシジルタブレットについて紹介しましたがいかがでしたか?
男性型脱毛症に対する効果や服用方法、服用する上での注意点、そして注意すべき副作用について分かってもらえたのではないかと思います。ミノキシジルタブレットは、男性型脱毛症に対して強い効果を有している薬ですので、うまく使って脱毛部位の進行を抑えたいものです。

今回の情報が、ミノキシジルタブレットを適正に使用するための参考になればと思います。

当サイトは、情報の完全性・正確性を保証するものではありません。当サイトの情報を用いて発生したいかなる損害についても当サイトおよび運営者は一切の責任を負いません。当サイトの情報を参考にする場合は、利用者ご自身の責任において行ってください。

この記事のライター

薬剤師をしています。ヘルスケア分野の情報をわかりやすく説明します。

関連するキーワード


AGA

関連する投稿


ロゲインとは?効果効能2つと使い方・副作用を薬剤師が徹底解説

ロゲインとは?効果効能2つと使い方・副作用を薬剤師が徹底解説

薄毛(ハゲ)について調べているときにロゲインを見つけた方もいると思います。ロゲインとは何なのでしょうか。どんな効果効能があるのか、適切な使い方や副作用は大丈夫なのか、気になる点について徹底解説します。


ザガーロ(デュタステリド)とは?効果3つと飲み方・副作用【薬剤師解説】

ザガーロ(デュタステリド)とは?効果3つと飲み方・副作用【薬剤師解説】

AGA治療薬として注目されているザガーロ(デュタステリド)とはどのような薬なのか、効果や飲み方・副作用は大丈夫なのか、多くの方が気になることを徹底解説します。薄毛・ハゲで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。


フィンペシアとは?効果効能3つと飲み方・副作用【薬剤師徹底解説】

フィンペシアとは?効果効能3つと飲み方・副作用【薬剤師徹底解説】

フィンペシアという医薬品を知っていますか?AGAに効果があるとされ、気になっている方も多いようです。どんな効果効能があるのか、どんな飲み方が適切で危険な副作用はないのか、などフィンペシアを検討している方が気になることを薬剤師が徹底解説します。


ミノキシジルとは?効果効能2つと使用方法・副作用【薬剤師徹底解説】

ミノキシジルとは?効果効能2つと使用方法・副作用【薬剤師徹底解説】

AGA(男性型脱毛症)で注目されている成分「ミノキシジル」。ハゲ対策に有効なのか気になりますよね。どんな効果効能があるのか、適切な使用方法は何か、副作用は大丈夫なのか、薬剤師が徹底解説します。使ったり飲んだりする前にぜひ確認してみてください。


プロペシア(フィナステリド)の効果3つと飲み方・副作用【薬剤師解説】

プロペシア(フィナステリド)の効果3つと飲み方・副作用【薬剤師解説】

AGA(男性型脱毛症)、いわゆるハゲで悩んでいる人の中には、プロペシア(フィナステリド)を飲んでいる人も多くいます。ただ、効果効能や副作用には不安もありますよね。薬は効果が強い分、副作用も少なからず発生してしまいます。多くの人が気になることを薬剤師が徹底解説します。


最新の投稿


断トツの美尻に!ヒップアップに効果的な筋力トレーニング方法14選

断トツの美尻に!ヒップアップに効果的な筋力トレーニング方法14選

女性が憧れるキレイな後ろ姿。筋トレで美尻を手に入れませんか?正しい筋トレをすれば、ヒップアップ効果が見込め、後ろ姿が大きく変わります。ヒップアップに効果的な筋力トレーニング方法14選を紹介します。


デッドリフトのやり方とフォームは?効果的な筋トレのコツ13個を徹底解説

デッドリフトのやり方とフォームは?効果的な筋トレのコツ13個を徹底解説

デッドリフトは筋トレで基本的な種目の1つです。それだけに正しいやり方・フォーム、怪我をしないための方法を押さえておきましょう。この記事では、やり方やフォームだけでなく、効果的なトレーニングのコツなどについても詳しく解説します。


ランニングマシンのダイエットのコツ10個と効果を解説!メニューや速度は?

ランニングマシンのダイエットのコツ10個と効果を解説!メニューや速度は?

ランニングマシン(主にトレッドミルなど)をダイエットに有効活用するためのコツと効果を解説します。その際に気になるメニューや速度なども詳しく説明しますので、内容を確認してダイエットに活かして下さい。


筋トレ強化!ハムストリング(太もも裏)の鍛え方14選

筋トレ強化!ハムストリング(太もも裏)の鍛え方14選

ハムストリング(太もも裏)は、筋肉の中でもスポーツやダイエットで大切な箇所です。ハムストリングを鍛えるとどんなメリットがあるのか、どのように筋力トレーニングすればよいのか紹介します。


筋トレ+有酸素運動+プロテインの順番と時間を徹底解説

筋トレ+有酸素運動+プロテインの順番と時間を徹底解説

筋肉を増やして鍛えていくとき、脂肪を減らして絞った体にしたいとき、に筋力トレーニング、有酸素運動、プロテインをどのような順番ですると効率的なのか、時間はどのくらいがいいのか、気になると思います。今回はそんな疑問に思うことを徹底解説します。